[携帯モード] [URL送信]

誕生石物語
一月 ガーネット
「マンダリン……マンダリン……っと、もうっ!!」

彼女は携帯を放り出し、スプモーニを飲んだ。

「……酒場ではお静かに。」

彼は読み続けている文庫本から眼を動かさずに言った。
ページをめくる合間に、左手で小さな切子グラスに入った金色の液体を口に運ぶ。その度に甘い匂いがアルカディアのバーカウンターに広がった。

「ねえ、聞いてよ。今日お客様がね、マンダリンガーネットを探しに来られたの。なんで、オレンジ色のスペサルティンガーネットお見せしたら、これはマンダリンの色じゃない、マンダリンすら知らないの?!ってしかられたの。」

「ふうん。」

「でさ、ちょっと意地になって探してるのよ、マンダリンを。」

「なるほど。」

「ところで何読んでるの?顔がにやけてて気持ち悪い。」

「……そうか?いつものごとく推理物だよ。ただし、傑作中の傑作。今作者と対決中。」

「作者と対決?」

「そう。チャイナ橙の謎、1934年、エラリー・クイーン。」

「ちゃいなとう?」
「The Chinese Orange Mystery。中国の柑橘類だから、橙という漢字をあてたんだ。日本語読みではダイダイとよむ。ちなみにダイダイが正月のしめ飾りに付けるやつ。」

「ねえ!!そんなのどうでもいいからこっち手伝ってよっ!」

「……。」
彼は眉を寄せてから本を伏せ、無言で杯を空けた。

「お替わりなさいますか?」

静かな声がかかった。穏やかな笑みを浮かべてアルカディアの主人が立っている。

「ガリアーノとスプモーニもよろしいですが、よろしかったら話題のオレンジの酒はいかがです?」
マスターは蜜柑を差し出した。
「温州蜜柑、これは中国原産の柑橘類から作られたのですが、これを含む中国系の仲間をマンダリンオレンジというのです。」

「うそお……。」
「へえ……。」

彼女は眼と口を大きくあけ、彼は頭をかいた。

「今年はちょっと茶目っ気を出しましてね。うちの看板のサングリアを、オレンジの代わりに蜜柑と伊予柑でやってみたんですよ。いかがです?」

「飲みます!すっごく飲みたい!!」

「おれもいただきますよ、マスター。犯人特定に役立ちそうな気がしますからね。エラリー・クイーンの推理小説の国名シリーズには『読者への挑戦』という刺激的な仕掛けがあるんですけど、行き詰っててね。」

マスターは人柄そのものの笑顔をたたえながら、赤ワインに情熱の太陽を閉じ込めて作った酒を二杯用意した。

「……蜜柑って、綺麗ね。当たり前すぎて良く見てなかったわ。」
カウンターの上で蜜柑が輝いている。

「男と一緒だな。」
彼のつぶやきは意図的に無視された。

幼馴染の二人がもう一歩関係を深めるには、より多くのサングリアとマスターの加護が必要なのかもしれない。

[次へ#]

1/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!