奈央様/獄寺夢



ぷかぷか、もわぁ
私の部屋の中で
灰色の煙りが渦を巻く
非常に煙たい





「獄寺君」

「あ?」

「臭い…」

「ンだとテメェ!」

「だって臭いんだもん!煙草なんて吸わないでよっ」

「うるせぇっ!俺はこれがないと生きられねぇんだよ」

「生きれるよ!だから禁煙してっ」

「ぜってー嫌だ」

「獄寺君!」

「嫌なモンは嫌なんだっつーの」


妙に熱弁を奮った獄寺君はこれみよがしに私の前で煙りを吐き出す。私はその匂いに顔をしかめると同時に鼻を押さえれば片手でパタパタと仰ぐ。


「あー臭い臭い」

「ケッ、知るか」

「死ぬぅ、死ぬー!」

「これぐらいで死ぬなんざ有り得ねぇ」

「あ、そんな事言うんだ。実際伏流煙とかねー私にまで害があるし何より体に悪いんだよ?」

「…テメェにも被害が出んのか?」


ピタ、と煙草を持つ手が止まって私を見る獄寺君。その煙草を見れば沢山の灰が重力で曲がり落ちかけて居たから慌てて灰皿へ誘導しながら小さく頷いた。


「うん。知らなかった?煙草ってね、喫煙者が三本吸ったら近くに居る人はその煙りで一本分吸った事になるんだって」

「一本位でぎゃあぎゃあ言うのもどうかと思うけどな」

「話は最後まで聞く!で、大事なのは此処から。その出された煙の方が害があるんだよ。吸ってる人より受動喫煙した人の方が体に悪影響って訳。つまり、今の私と獄寺君」


とんとん、と指で灰を灰皿に落とす。その顔は唖然としている様で唇を引き結び何かを考えている様な顔付きだった。面白い、煙草と向き合って段々真剣な顔付きになってく。


「私の肺の方が真っ黒で死に近いかも」


―ぐしゃ―

冗談半分の言葉を言った瞬間だった。煙草は灰皿に押し付けられて赤々としていた先端が消沈した。


「お前に死なれんのは嫌だしな…」

「え…」

「禁煙、してやるぜ」


そう呟いた獄寺君は胸ポケットからジッポと煙草を取り出した。シルバーの装飾されたジッポ、見た感じ随分丁寧に使っているみたいだった。獄寺君は其を私に差し出す。


「十代目を守る時だけは吸うからな」

「うん、ツナを守る時は吸って良いよ。ただ長生きして欲しいから…あんまり吸わないでね」

「解った。んじゃこれはテメーが持ってろ」

「え?」

「…鈍い奴だなテメェも!お前が見張っとけって言ってんだよ、それにこれなら…」

「これなら?」

「ず、ずっと一緒に、居れんだろ…」


顔を真っ赤にしながら言葉を紡いだ獄寺君が愛しくてそっと唇を重ねた。

ほろ苦かい煙草独特の味が咥内に滲むキス、明日からは甘くなる事を祈ってジッポと煙草を手に納めた。






次の日
(ぐおぉお!煙草、吸いてぇ…)
(昨日から禁煙って言ったじゃん)
(ニコチンが足りねぇ)
(仕方ないなぁ)
―バシン!―
(…ンだこれ)
(ニコチ●ルパッチ)
(……)
じじくせ…




_____________
10500HIT奈央様獄寺禁煙夢でした!甘い雰囲気というよりはギャグ路線に向かいましたね^^;ちなみに獄寺君はニコチ●ル張られた日からじじ臭いと思って本気で止める決心してます(笑)楽しく書かせて貰いました、奈央様リクエスト有難うございました!

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!