しおり様/骸夢



クールで何を考えてるかさっぱり解らない六道君!

でもそこが愛しいのっ!






「ろっくどーくん!」

「また貴女ですか」

「お昼お邪魔しても良いですか!」

「嫌と言っても座ったら動かないでしょう」

「その通り!」


グ、と親指を立てる。
だって傍に居たいからね!ちょこんと隣を陣取れば城島君に猛烈な罵声を浴びせられたが無視した。


「今日はね、六道君にお弁当を…―」

「要りませんよ」

「え、でもー…」

「要りません」

「むむむ、なら見て判断するが良い!」


―カポ!―


「じゃっじゃーん!改心の出来でしょ」

「………」

「………骸様」

「ひでーびょん」

「何を!?今朝3時に起きて作ったんだよ!」

「3時起きでこれですか」


開けた弁当箱の中には卵焼きとカニさん(?)ウインナーと目玉焼きに梅干しいっぱい!料理は得意じゃ無いからこれでも頑張りました!だって今日は焦げてる部分が少ないもんね。


「食べたくなった?」

「いいえ、全く。何ですかこの梅干しの多さは」

「梅干しは体に良いんだよ?其に腐らないって聞いたからいっぱい入れたのだよ!」

「塩分の取りすぎで早死にします」

「ええー…」


考えて無かった!
舞い戻る弁当箱にがっくりしながら今日も其を頬張ります。六道君は焼きそばパンを食べてます。うん、梅干しはすっぱいです。すっぱい物は嫌いです。


「ぐす…、すっぱい」

「何個目ですか、その梅干し」

「四個目…」



―キーンコーンカーンコーン―


ヤバイ!梅干ししか食べてないのにチャイムが鳴ってる!こんな事ならおかずから食べて行けば良かった。


「六道君、次の授業は―…」

「出る訳無いでしょう」

「やっぱりか、じゃあ私はもう行くねっ」

「さっさと帰って下さい」


うーん!相変わらずクールだ!そこがまた素敵!!


「名前」


―シュッ―


「っはい!うぉっ…」


―パシ、―


手を振りながら出ていこうとしたが後ろから呼ぶ声がして、振り返る。素早く飛んで来た何かをキャッチすれば焼きそばパンだった。


「焼きそばパンには飽きましたから名前の胃で処理して下さい、その代わり弁当を置いて行け」

「え…」

「早くしないと遅刻しますよ」

「うわわわっ、はい!」


急いで六道君の傍まで戻って来て弁当を置く。手には食べかけの焼きそばパン。これなら走って調理室に行くまで食べれる、うん。


「次の家庭科、プディング作るから出来たらあげるね!」


返事は聞かない。
要らないって言われるのは目に見えてるから。ブンブン手を振りながら私は屋上を後にした。












「―…待っていてあげない事も無いですよ」


六道骸は口許を緩めながら静かに焦げた卵焼きを口に入れた。








_____________
4000HITしおり様リク骸ツンデレ夢でした。
骸さんのツンデレ具合は出てますかね?焼きそばパンをあげたのは優しさです、食べ飽きてません。お弁当を貰ったのも同様です、素直に貰えなかったんです。
と、いう訳でリクエスト有難うございました。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!