美咲様/獄寺切甘




馬鹿だなんだ言いながらも結構仲良かった気がするんだけどな、最近隼人はあんまり私の所に寄って来なくなった。一応付き合ってるんですけど私達。


避けられるのはあんまし好きじゃない、てか苦手の部類に入る。


今はなんとか隣に居させてるけど階段に座って煙草を吹かす隼人は中々怖い、だから不良に絡まれるんだよ。まあ傍にいれるから嬉しいけど…私より煙草の方が近い位置に胸のもやもやが止まらない。


「ねえ、煙草美味しい?」

「さーな」

「なにそれ。苦かったりしないの」

「慣れた」

「ふーん、ちょい吸わして!」

「は!?おい止め…」


取り上げてフィルターの部分を咥える。あ、間接キスじゃんとか思いながら盛大に煙草を吸い上げて…――


「ッゲホ、ゴホ…な、にこれっ…煙じゃん…!」

「たりめーだ、ったく体壊すぞ」

「隼人の方が先に壊しそうなんですけど」

「俺は慣れたから良ーんだよ」


ジュ、

再び持ち主の元に戻った煙草は吸われる事なく階段で捩り消されてボロボロになった。まだ吸い始めたばっかで長かったじゃん、なんで消す必要があったのさ。


「はや、あ…」


真新しい煙草を一本咥えて隼人は火を付けた。私が吸ったから消したんだ、なんかもう嫌われた感じなのかな?


「だから最近避けてたんだ…」

「あ?」

「嫌いになったなら言えば良いじゃん、隼人のばか」


間接キスも嫌なくらい嫌ってるなら言って欲しかったよ。
じわりと目頭が熱くなる。



「馬鹿はどっちだ、馬鹿」


ちゅ

急に唇同士が重なって隼人との距離が無くなる頃には二人とも顔が真っ赤になっていた。


「ふぇ…?」

「おおおお男には性欲っつーモンがあんだよ!」

「で?」

「だーっ!鈍いな!好きな女が傍に居たらシたくなんだろ!」


え、なになにそんなちょっと君こんな公共の面前で何言ってるのさ。ほら周りのおばさん達明らかこっち見てるじゃん。

でもさ、やっぱり誤解が解けると嬉しいもので今度は私から唇を重ねました。





(もう避けちゃ嫌だよ?)
(じゃあシ…)
(まだシないけど)
(えっ)
(中学生で先急いだって意味ないよ、ヤるためだけに隼人といるわけじゃないもん)
(…そうだな、これから先ジジイになるまでお前と居る訳だし)
(えっ)

だって名前とは離れたくねーんだよ!





______________
46000HIT美咲様リクエスト獄寺切甘夢でした。切甘になってますかね?
やっぱり中学生は思春期真っ只中で大変だと思うんですよね、そこで名前さんを見る度にしたいーしたいーと悶々しちゃって獄寺君はそんな自分が嫌だから距離を置いていたんですが伝わったでしょうか…^^;
なんにせよリクエストありがとうございました!書いていて楽しかったです^^


20091219

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!