[携帯モード] [URL送信]

小説
オレと赤子。
(※本編前)



真っ暗闇の中。
見つけたのはステキ過ぎるほど意外なモノでした。






え、ちょ、ナニコレ、どゆ事?

すいません、錯乱しまくっているオレです。

猫みたいな鳴き声が気になって探してみれば、なんとなんと、この暗闇の中、ポツンと赤ん坊が居ました(寧ろ捨て子?)。

赤ん坊をゆっくり抱き上げ、あやしてみる。
フニャフニャの、生まれたての赤ん坊だ。
長期休暇の度、親戚のお子様達の面倒を見ているオレにとっては、赤ん坊の世話なんざ、楽勝です。


じっくり赤ん坊を観察。
………なんか、どっか見覚えあんだけど………?
はて………?

フワフワの産毛は朱金色。

………。
ま さ か。



レプリカルークかぁぁあ!?
目ぇ開いてないけど、多分そう。
この子、レプリカルークだ。

デコ鶏さんは血に近い色の髪の毛だもの。流石鮮血。
え、毒?
当たり前です。
『アビス』のPM嫌いだし。
つか常識持たんバカは嫌いなのですよ。



ふと引っ掛かる。
まさか腐女子の夢、異世界トリップっスか?
………あり得ねえ………。
ある意味ラッキーだけど!!



そして更に色々気付く。



なんで赤毛か、オレ………!

赤、にも濃度によって色んな呼称があるんだが。
なんてーか、色図鑑で見たストロベリー色なのだ。

キムラスカ王家の貴色持ちかよ!?
突っ込んでくれる人が誰も居ないので、セルフ突っ込み。

次に、レプリカルークが赤ん坊だという事。

………可笑しい。
確かゲームでは10歳前後だったような?

あれか?
刷り込みやってないから、精神的には赤ん坊だって事か?
だとすると………被験者との摩り替え直後か?

うぅ、厄介事だと解っているんだが、いたいけな赤ん坊を放り出す訳にはいかん!



………。
決めた。
オレがこの子を、レプリカルークを育てよう。


「………『ルー』。『光輝く者』って意味だよ。お前に相応しいだろ?」


実はケルト神話の太陽神の名前なんだぜ。
神様って別名持つのが数多く居たりするんだよなー、これが。



腕の中で、ふにゃふにゃと泣いていた赤ん坊は、何時の間にかスヤスヤと眠っていた。



………精神年齢的に、『母親』なんだろうな、オレ。

ルーがちゃんと育ってくれりゃ万事OKな気がする。



その後、元凶に出会うのだが。
愚痴るオレは悪くない、と思う。



'12.09.16

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!