[携帯モード] [URL送信]

小説
オレと聖獣。
(※チーグルの森)



半円態若しくは半球態状の建物の中は、音が反響する。
要は。
うるっせえぇ、この害獣共が!!
テメェ等の声は甲高いから余計響くんじゃあぁぁ!!



前世知識で知ってたものの。
実際耳にすると、本ッ気で響く。主に頭に。
『中』の二人は大丈夫だろうか?

響律符(キャパシティ・コア)でもあるソーサラーリングを、両手で持ったチーグルの長老と導師達が話し込む。
その間オレは樹に寄っ掛かって休んでいようと思っていたが。


「では村の食料を奪ったのは、仲間がライガに食べられないためなんですね」

「………そうだ。定期的に食料を届けぬと、奴らは我らの仲間をさらって喰らう」

「………ひどい」


お い ?
聞き間違いじゃ………ねぇな。


「何がひどい。この世は所詮、弱肉強食だろうが。しかも縄張り燃やされりゃ頭にも来るだろーよ」

「確かにそうかも知れませんが、本来の食物連鎖の形とは言えません」

「いいや、先刻も言ったが、この世は弱肉強食だ。この場合、本来ライガが強者でチーグルが弱者。弱者たるチーグルが淘汰されて然るべきなんだよ。それを第三者であるオレ達が首突っ込んで、引っ掻き回すのは如何かと思うがな」

「そんな………ですが、チーグルはローレライ教団で認定されている聖獣です。僕はライガと交渉しようと思います」

「魔物と………ですか?」


そこからの降りは、正に三流どころか五流の茶番劇ともいうべきものだった。
当然オレは(余りに下らなさすぎて)、樹に凭れて口を噤んで成り行きを眺めていた。
まだチーグルの犯罪に対する処罰を聞いてねぇんだが?

『中』の二人が、これが聖獣かと嫌悪も顕にぶーたれていたが、所詮阿呆なんだし仕方無ぇよと言っておいた。

原因を作った仔チーグルだが、そもそもソーサラーリングの管理を怠ったのは長老だ。
しかも、その仔チーグルをライガとの通訳に寄越すって………チーグル族はよっぽど滅びたいのか?



仔チーグルのミュウを加え、ライガクイーンの元へ向かっている時だった。
川が道を遮っていた。


「ライガの住み処ってこの先なのよね?」

「そうですの。この川を渡った先ですの」

「………川を渡るにしても、橋が無いな」

「仕方ありませんね。川の中を歩きましょう」


オレは溜息を一つ吐き、ミュウを持ち上げる。


「………おい。炎が噴けるんだったな」

「はいですの!!」

「なら、向こう岸にある、あの木の根元に炎を噴け」


ミュウの炎が対岸の木に命中し、木を橋がわりに渡る。


「ルークは機転がききますね」

「………」


ミュウを道具袋に突っ込み、無言で進む。

すると導師にC・コアを持っているか訊かれた。
病弱設定のオレが嫌々前衛に居るんだもんなあ。
無言を貫いていると。


「あの、これをルークに………」

「C・コア?」

「はい。C・コアというのは、譜術を施した装飾具のようなものなんです。譜の内容に応じて身体能力が向上します」


導師から渡されたそれ。
『傲慢な』という意味のC・コアのストレだ。
正直要らん。
だってねぇ、ネビリムから貰った最強のC・コア、トゥッティがあるし。

ま、タダでくれるんだからオレの懐が痛くなる訳でなし。


「有り難く貰い受ける」



そんなこんなでライガクイーンの元へ行くんだが。

救助対象のライガクイーンの機嫌を損ねるのは確実だろうなと思うと、本ッ気で胃潰瘍になりそうなオレだった。



'13.01.15

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!