[携帯モード] [URL送信]

小説
俺と姉上。
(※『オレと襲撃犯。』ルー視点。精神世界内)



俺は『レプリカルーク』で『ルーク・フォン・ファブレ』。
でも本当は『レプリカルーク』の「ルー」。
この微妙な違いは大きいのだ。






Q.軍人とは何ですか?
A.国に属し、王候貴族、国の宝である民間人を守り、時に戦う人です。



俺の名付け親であり育ての親である姉上が居て、父の様な兄の様なローレライが居て、そして大事な家族がいて。

俺的には平和だったのに。
家族がいれば、それで充分幸せなのに。



それをぶち壊しやがった!!
髭と髭の妹が!!!!



「何なんだよ、あの女!!」


いきなりやって来て、髭と勝負にもならない事をして。
姉上に命令する奴なんて初めて見たぞ!?

おまけに、あれが軍人!?
サフィや、アリィや、シンクと同じ軍人!?



最初に言っておく。
「身体」は『レプリカ』ではあるけれど、キムラスカ王族の貴色持ちだぞ!?

「身体」である俺は被験者(オリジナル)より色素が劣化していたみたいで、朱金色の髪の毛と翡翠の目だけど!

姉上なんて、綺麗な苺色の髪の毛と濡れた若葉色の目なんだぞっ!?


「………すまぬ、ルー」

「何でローレライが謝んだよ!? 悪ィのは髭とこの女だろ!?」


落ち込んだ声を出す、―――炎色の髪と緑玉色の目の男―――ローレライ。

ローレライは疑似超振動をコントロールして、姉上(俺達を含む)を再構築したじゃんか!

そうだよ、絶対にローレライは悪くない!!

全部、この女―――襲撃犯―――が悪い。
姉上との間に疑似超振動を起こした張本人だ。

しかもコイツ、姉上を無理矢理馬車に押し込みやがった!!


((ルー? オレは大丈夫だから落ち着けー?))

「でも姉上っ!!」

((前に言ったと思うけど、この襲撃犯との接触から続々とどっかイカレた軍人のオンパレードよ? 初っ端からそれじゃ、この先ヤバいよ? 叫び過ぎて、喉潰すから落ち着きなさい))

「………」

「………すまぬ、ルキ」


ローレライが悪い訳じゃない、のに。
どう考えたって、襲撃犯が悪いのに。



どうしてくれよう髭。
コノ恨ミ晴ラサデオクベキカ…。

ローレライは只々黙って見ていたので、恐らく俺に賛同してくれるだろう。

真綿でゆっくり首を絞める様に、髭を追い詰める方向で………。
浮かんで「これだ」と思うものだけをメモに走り書きする。
姉上が俺に話し掛けているのに気付くまで書いていたら、それはもうビッシリと埋まっていた。

姉上関連になると、俺とローレライが暴走しやすいから止めるのが大変だって、シンク言ってたっけなー………。



((おーい。オレの目ェ通して、夜空が見えるか?))

「見えるけど………姉上?」

((ん。襲撃犯が寝たの確認してから、馭者のおっちゃんに頼んで馭者台に移らせて貰ったんだ。ローレライも見えるか?))

「有無。………綺麗だな」

「うん。すげぇ綺麗」


音譜帯と星が良く見える。



馭者のおっちゃんは良い人だ。
姉上が冷えない様にって、フード付きマントと毛布をくれた。
姉上の耳を通して聞こえる、色んな話。
こんな魔物と遭っただとか、こういう客が居たとか。

やっぱり邸や『家』の中だけじゃ知らない事ばかりだ。

先刻までグルグルモヤモヤしててキモチワルカッタのに。
姉上が俺達に笑い掛けてくれるだけで、それが吹っ飛んだ。

やっぱり俺は姉上が、家族の中で一番大好きだ。



やばい眠くなってきた。


((眠い? 寝ときな、ルー))

「………ん」

「落ちかけておるな………」

((ウチの子は可愛いねぇ))

「同感だ」


姉上とローレライが優しく笑っている気配。

姉上とローレライは、やっぱり歴とした俺の親で。

二人が居てくれるだけで、スゲー安心するんだ。






でも、姉上が言ってた様にイカレた軍人が居て、更に振り回されるなんて思ってなかった。

馬鹿女のユリアと、その傲慢な子孫なんて大ッッ嫌いだ!!!!



'12.12.01

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!