[携帯モード] [URL送信]
行き場を失った母の腕(リボーン)


オレを呼ぶ優しい声がする。
その声はハルや京子たちのと変わらない少女の声だが、そこに滲む感情は明らかに少女のもつものではなかった。


女の名前はなまえ。
ビアンキと歳は一緒。
生粋の日本人。
よく見える目をもつ特異な存在。
それ故にその身を狙われる。


「リボーン、おいで」


幸せそうに両手を広げる少女は、オレに産まれてすぐ死んだ息子を重ねている。
赤ん坊なのに喋るオレを不思議に思わないのか。
もしかしたらわからないのかもしれない。
コイツは愛した男と愛する息子を奪われた時に壊れたんだろう。


「何してたの?一人で出掛けたら危ないよ?今度は私と一緒にお出かけしましょ?」


オレはコイツの腕に抱かれて、好きにさせる。
黙ってコイツが話す言葉に耳を傾ける。
可哀想な女だった。
哀れだと思った。
そう思うのは少なからずオレがコイツを愛しているからだろう。
そしてその能力を利用しようとしている。
その詫びのつもりなのかもしれない。


オレがコイツの前であまり喋らないのは。


「なまえ」


「なぁに?いつもはママンって呼ぶのに?」



出会った時から壊れたオレの女。





[*前へ][次へ#]

31/36ページ

[戻る]


無料HPエムペ!