[携帯モード] [URL送信]
君に触れる(跡部)




「…………」



すーすー……。



生徒会が終わって教室に戻れば、小さな寝息を立てながら机につっぷしてるなまえの姿。



「起きろなまえ」



声を掛けるが起きる気配は全くない。口からはよだれ。女らしさの欠片もねぇな…。



「ちっ……、なんで俺様がコイツを起こさなきゃなんねーんだ?」



肩を揺すろうとして、露になったうなじに目がいった。



「…………」



なまえを起こそうと伸ばした指が自然とうなじに伸びた。

触れるか触れないかの間で声を上げる。


「……起きろ、なまえ」



「……ん、あ、けぇご?生徒会終わったのぉ?」



まだ寝ぼけてんのか口拙い。俺は何事もなかったかのように鞄に手をかけた。


「あぁ、帰るぞ」



なまえに出会うまで、好きな奴に触れるのがこんなに緊張するなんて知らなかった。
俺らしくない。


いつもなら繋がねぇ手を繋いでやる。
変な顔してなまえが俺を見上げた。


「景吾?なんか今日は積極的だね……」



「アーン?いけねえのか?」


「ううん!いけないことないよ!!景吾に触れられるの大好きだもんっ」



嬉しいこと言ってくれるじゃねーの?



「なんならもっと触ってやろうか?すみずみまでなぁ」



そう囁けば真っ赤になる。


「っっ耳元は反則!エロい!」



「ククク、冗談だ」



お前は知らねぇだろうよ。

俺がお前に触れるのにどれだけ気を遣っているか。
悪くはねぇけどな……。



触れたいと思うのはなまえ、お前だけだぜ?










君に触れる
一度触れたら二度と離せなくなる


.

[*前へ][次へ#]

16/36ページ

[戻る]


無料HPエムペ!