[携帯モード] [URL送信]
明日もし晴れたら(忍足)



「あー・・・雨雨雨」


梅雨か!と突っ込みたくなる雨続き。

もう四日間は降りっ放しだったりする。

雨は嫌いじゃない。むしろ大好きだ。
でも降るタイミングを間違えた長雨は、私の嫌悪対象。


私は今、彼氏の部屋に来ていた。


「なんやさっきから機嫌悪いなぁ・・・。機嫌直しぃ、な?なまえ、折角部屋に来とるんやし・・・」


まるで子どもをなだめるように私の頭をよしよしと撫でる侑士。


「だって・・・」


関東大会で不動峰に負けて事実上引退と言う形をとった侑士たち。

だから日曜に遠出しようって計画した途端に長雨。


「なまえはいつも『雨好き〜』って言うてたやん?自分が生まれた日も大雨やったからって……耳つんぼになるくらい聞かされたで」


ぴちょん、ぴちょんと窓枠に水がたまる。


「タイミングが悪い。何もさぁ……久し振りのデートに降らなくても良いのに」


私の頭に置かれていた手が私の腰を掴んだ。


「うひゃっ!?」



「かわええ…」


抱き込まれる形で侑士の体に引き寄せられた。


「俺はなまえとこうしておるだけで良いわ」



長い侑士の髪が頬に、首にかかってくすぐったい。


「ラブロマの影響?」


絶対今顔が赤くなってる。
侑士に背を向けた状態で助かったかも。

「ちゃうって、大体なぁなまえ。なまえがこうやって大好きな雨に怒っとるん、嬉しいんやで?」


「え?なんで?」


顔だけを侑士に向ける。


侑士はニコニコしてた。
本当に機嫌が良いらしい。


「大好きな雨よりも俺が好きってことやろ?」


また頭を撫でる。


「え、そんなの………普通当たり前でしょ?」


「……………………だから俺はなまえが好きやねん」


今度は向かい合わせに抱き締められた。


「よくわかんない……」


おっきな侑士の体が自分に寄り掛かる。
なんだか愛しいと思ってしまった。


「………明日晴れたらどっか行こか」


「部活は?」


「出るよ。二年生にまだ引き継ぎせなあかんし。部活は出るけど授業はサボる。んでなまえを連れてく」


「本気?」



「本気も本気、大マジや。せやからなまえ、大人しゅう俺にさらわれとき」


いつの間にか雨は小降りに。

明日の天気予報は見てない。


明日もし晴れたらどこに行こうか?



まだ未定。



明日もし晴れたら
(俺が一番欲しい言葉くれるんはなまえだけや)
(……?侑士超ご機嫌?)

[*前へ][次へ#]

14/36ページ

[戻る]


無料HPエムペ!