やきもちじゃなくて

※またまた注意






「………でけぇな」

「ありがとう」



リボーンちゃんが目を覚まして、最初に二人が交わした会話はそれだった。
いや、そうじゃないでしょ。


「ちょいとお二人さん、そうじゃなくて…」

「リボーン、これお前の仕業?」

「どれ」

「お前が今凝視してるム・ネ」

「ああ。俺だな」

「そう。直せ」

「無理」


ツナが銃を向けて脅したけど、リボーンちゃんは全く動じずに銃を向け返した。おいおい、なんですかこの二人。異常だよ。異常なくせに、なんかこれが平常ですみたいな態度だよ。
あ、急激に帰りたくなった。



「ん?じゃあ俺は二度と男に戻れないと?」

「違ぇ。今すぐは無理だ、数日したら自然に戻る」

「数日、か……じゃあその間は寝てよ」

「ちょっとちょっと!!!寝てよ、じゃなくて!!」

「何」

「困るでしょ、色々!!数日の間って、どうすんの!」

「あ、そうだ。ヤれないじゃん」

「…………」


あくまでそこか。


「ヤればいいじゃねぇか、別に」

「……は?」

「女同士だろうがヤりゃあいいじゃねぇか。挿れるもんがなくても出来るぞ」

「…………」

「ちょっとツナ、考えないでよ!!何『それいいかも』みたいな顔してんの!!」

「……なまえ、」

「い・や・で・す」

「…何で言いたいことわかった?」

「(わかるわ!!)」

「じゃあ俺が相手してやろうか。女側の立場味わえるぞ」

「……………」

「ちょっ、真剣に考えるな!!」



また『それいいかも』的な顔をして考え込むツナの頬をぺちぺちと叩いて、あたしはツナを現実世界に引き戻した。やばいやばい。リボーンちゃんとツナがしてるとこなんか、見たくない。
ようやくツナははっとして、開口一番にこう言った。



「お前、赤ん坊じゃん。ヤれなくね?」



そ こ で す か 。



「別に挿れるモンがなくてもヤれるっつっただろうが。テクはあるぞ」

「ならいいや」

「いいの!!?」

「だって考えてみろよ、女側になって食われるとかそうそう出来ない経験じゃん」

「……それは…まあ…」

「じゃあツナ、脱げ」

「(今からーー!!?)」

「ん」

「え、ちょっ」

「俺はすげぇぞ、どんな強情な女も堕としてきた」

「ちょっと、」

「ふぅん、楽しみにしてるわ」

「す、ストップ!!!」



あたしの叫び声に、既に横になっているツナとその上に乗ったリボーンちゃんは同時にこちらを見て、ニヤリと笑ってこう言った。




「「交ざりたい?」」

「交ざりませんっ!!!」



駄目だ、こいつら。
あたしはくるりと踵を返して部屋を出た。
もうどうぞ勝手にセックスでも何でもしててください。
あたしは関与しないから。



やきもちじゃなくて、呆れ





無料HPエムペ!