寒暖




「っ、つめたい」



並んで歩いて、手を握って。握った瞬間に走った冷たい衝撃に、あたしは思わず身震いした。その男らしからぬ細く美しい手は、まるで氷のように冷たかった。



「…ツナ、生きてる?」

「馬鹿にすんな。しょうがないだろ、冷え症だから」

「うー、冷たすぎ…てか寒……」

「急に真冬になったよね」



鼻の赤いあたしとは対照的な平然とした顔でツナは淡々とそう述べた。本当に寒い。まだ夕方にもなってないのに吐く息は白くて、体が凍えてしまっている。ツナの手はあたしよりも凍結が進行してる。あたしはどっちかと言ったら手が温かい方だけど、それでもツナは冷たすぎる。こいつは今こんなんで真真冬を乗り切れるのか。そこまで考えたところであたしはふと思い出し、あ、と声を上げた。



「でも、手が冷たい人って、心があったかいんだよね」

「何、それ。聞いたことない」

「え、でも皆言ってるよ?」

「そんなの、嘘だろ」



現に、俺は違うし。
ツナは白い息と共にそう言った。それはつまり、自分の心が冷たい、ってこと。ツナの顔は何となく、どうしてだろ、冬だからそう感じるだけかな。どこか、淋しげだった。ううんと、あたしは何て返せばいいんだろ。そんなことないよ、って、言うべきかな。でもあたしが言葉を発する前に、先にツナが口を開いた。



「でもなまえが熱いから、俺は冷たくていいの」



二人とも熱いと夏に困るし、冷たいと冬に困るし、だからちょうどいいんだよ。って。ツナは言いながら笑った。うん、確かに。ふたりで寒暖のバランスが取れてるから、これでいい。冷たいものだって、あったかいものに触れたら溶けるでしょう。あたしがツナにそうしてあげられるなら、それでいいや、あたしは。





「それに熱いツナって気持ち悪いしね」

「殺すよ」





無料HPエムペ!