[携帯モード] [URL送信]
┗リンドウ(幸村side)





『俺が仁王の代わりになるよ−』






声を殺して
肩を震わせて泣く彼女を抱き締めた



俺の腕の中にすっぽりと収まる
小さな身体



その身体に収めるにはあまりにも
膨大な仁王への想い



いつか耐えられなくなったその身体が
心が壊れてしまいそうで




凄く怖かった




救ってあげることかできたらと
幾度となく考えた




けれど、


何もしてあげることが出来なかった





だからせめて


君の傍に居ると誓った





たとえ君が仁王しか見ていなくても







構わないと思った−










[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!