[携帯モード] [URL送信]
愛してあげる


幸仁 



「ねぇ、君。今時間ある?」


体を重ねることに意味など無い
ただの暇潰し

「幸…村、先輩…っん」
「もう黙って」

渇きを満たす為の道具に過ぎないんだ




「幸村」
「やぁ、仁王。どうしたんだい?」
「もうあんなことしなさんな」

「…見てたんだ?」


怒っているのか悲しんでいるか
お前は表情に出さないから良く解らないな


だけど多分、後者なのだろう
確証は無いけれどそう感じた


「説教なら聞かないよ」
「待ちんしゃい」

捕まれる腕。

「…離してくれ」


放っておいてくれよ


「行かせんよ」
「どうして俺に構うんだい?」
「悲しい顔しちょるから」
「え?」


俺が悲しい顔をしている?


「本心じゃないんじゃろ」
「何が言いたいの」

突き刺す様な視線。
自然に強張る身体。

「心の隙間を埋めたい」
「!!」
「他者からの愛を感じたい」

…まれ

「じゃから体を重ねることでそれを満たそうとする。違うか?」


「黙れよ!!」


説教なんて要らない
必要ない、聞きたくない!

何も知らないくせに!


「偽善者は嫌いだよ」
「偽善者でも構わんぜよ。お前さんを救えるんならのう」


俺を捕らえて離さない瞳。
吸い込まれそうなくらい綺麗な瞳。



―濁らせたい



「なら、仁王が相手してよ」
「…なに言っとるんじゃ」

「好きなんでしょ?俺のこと」
「!」


今までは気付かない振りをしてきたけれど


それも、もうお終い―


「お前の言う愛し方で俺を満たしてよ」


「…神の子も堕ちたのう」
「フフ。とっくの昔にね」


一人はやっぱり退屈だから


「お前も堕としてあげる」



俺を愛して、
俺を求めて、



そしたら




俺もキミを





愛してあげる

ね?

仁王、




---------------------
幸村くんが病んどる!!!!
仁王くん逃げて!!!!

魔王、降臨のお噺。






[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!