[携帯モード] [URL送信]

いなずま11!
すきすき大好き愛してる(緑円)

「これからは緑川でよろしくね」
「まるで別人だな…」

いきなりの俺の登場にみんな動揺してる。
…でも、そんなことどうでもいい。俺の想い人…円堂守があの眩しい笑顔を見せてくれさえいれば。

「守ぅ〜この髪型どう?どう?」

…俺が話しかけようとしたらヒロトが邪魔した。
誘ってくれたのはいいけど…ウザい。
そこで、俺はソイツを押しのけた。

「ねぇねぇ円堂君?この間は…ごめん。仕方なかったんだ…」
「ん?ああ!!反省してるなら別にいいと思うぜ!俺は。でも謝るのは俺じゃなくてみんなにだと思う。」

にっと笑う円堂守。…可愛い///

「ねぇねぇまも…「黙れビッチ。」はい…」
「ありがとう円堂君!やっぱり君は優しいな。」

やっぱり好き。好きだ円堂守。この際言っちゃえ!!
がしっと円堂の手を握る。

「あのさ…俺…円堂君のことがす「円堂!!ほら、練習しないか?」
「そうそう!!あ。デスゾーンの練習したいんだが!」
「僕はウルフレジェンドの…」

…邪魔…

「わかった!じゃあ緑川の話聞いてからな!」

みんな落ち込んでる…ざまぁみろ。

「あの…俺…円堂君のことが好きなんだ!!」
「守!!ボクも愛してるよ!!」
「「「「俺も!!」」」」

畜生邪魔だお前ら!!

「…て、あれ?」
「おおー!!すげぇないぎりす!!」

き…聞いてないだとおぉ―――――――――!!!!!?????


[*前へ]

3/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!