[携帯モード] [URL送信]

いなずま11!
−咎−(風×円)
「オレ…リベロになる!!」


本当は…このまま、キーパーが良かった…いっそのことベンチに入れれば良かったのに…


「なんで…」







何で?




それは立向居がいるから…
しょうがないのはわかってる。
でも…でも今までのオレはなんだったんだろ…




悔しい…悔しくてたまらない。






キーパーに戻りたい…





「円堂の願い…オレが叶えてあげる」
「!?」
「久しぶり、円…守。」
「風丸…」

聞きなれた声に振り返ったら、風丸がいた。

「風丸…!お前今までどこに…」
「そんなことが問題じゃないんだ守…今重要なのは、守の願いを叶えてあげること。」
「オレの…願い?」
「そうだよ守。お前はキーパーでいたいのにリベロにされた。…悔しいよな?」
「別に…そういうことは…」
「無いこと無いよねぇ?守、オレと一緒に行こう?そうすればずぅっとキーパーをやっていられる。」
「………………。」
「ほら、おいで?」

こくり。

守はあっさり首を縦にふった。
…かわいそうな守…オレの守。リベロにされたのがショックなのがすぐわかる。


…許さない。

あいつらを…守をいじめた奴等を、守と2人で見返してやる。

オレは守の首にエイリア石を掛けた。


[*前へ][次へ#]

2/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!