[携帯モード] [URL送信]
君には見えない僕の気持ち(乙女)♭



あなたはいつも誰かと一緒に楽しく笑っている。
その笑顔は微笑ましくて――でも僕の心の中にじわり、と突き刺さる。



誰にでも笑顔を振りまかないで下さい。
その笑顔は僕だけのものじゃないのがたまらなく寂しいんです。

僕がそう思っていても彼女は気づくことなく、幼馴染達と話している。



“どうやったら彼女を独占できるのだろうか”
気づいたころにはそれしか頭の中になかった。

その思考に至ってから、僕は相当狂っている。ということに気がついた。

しかし狂っていてもいい。彼女がいればいい。


いっそのことならどこかに監禁してしまいましょうか。
僕以外の誰の目にも届かないところへ…


次から次へと溢れ出る狂気を抑えきれず、全身が震え上がるのを感じた。



彼女は僕だけを見ていればいいんです。


僕以外の男(ひと)と付き合うなんて許しません。


あなたにはちゃんと僕を狂わせた責任を取ってもらうんですから…







君には見えない僕の気持ち
(だから…今夜あなたを攫いに行きます)







[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!