[携帯モード] [URL送信]
瞳にうつる君だけを見つめて(獅子) *




なんとなく目で追ってしまう。

そう思ってきたのは結構最近のことで、名字の事は今まではただの一人の生徒だったはずだった。


いつからだっただろうか。
こんなにも心がモヤモヤするようになったのは。


それは何の前触れも無く訪れてしまったのだ。




ある放課後のこと・・・


いつも多大な職務で見に行くことが出来ない弓道部に、久しぶりに行ってみることにした。




直「よっ!・・・って誰もいないか・・・」

もうすでに夕方なので当たり前といえば当たり前なのだが…

やはり一人だけだからなのか、弓道場が広く感じた。



ガチャ―


『あれ?直獅先生…?』

不意に弓道場に響くはずのない声が聞こえた。



直「あれ…名字?まだ帰ってなかったのか?」

『はい!今日は少しでも長く練習していたかったので…。みんなは先に帰ってもらいました』


顔を上げると名字の切羽詰ったような表情が読み取れた。

ああ、名字は名字なりに悩んでるんだな…


担任としても、一人の男としても…って違う違う!
あくまで生徒だぞ、そんな考えは捨てるんだ直獅!!

頭の中にあった邪な考えを即座に打ち消し、どうしたのかたずねてみることにした。



直「何か悪いことでもあったのか…?」

『そんなたいした事じゃないんです…!それに言うのもは恥ずかしいです…』

直「?…大丈夫だ!絶対笑わないから!」


『…本当ですか?
……実は今日残ってたのは…直獅先生に会いたかったからなんです!』


直「……へ?」


『ごめんなさい、意味の分からないこと言っちゃいましたね…
いつも元気な直獅の顔が見たいなーなんて思ったんです。そしたらここに来るような気がして…』


その顔はさっきまでの切羽詰った表情ではなく、明るいいつもの笑顔になった。


やっぱりいつものような笑顔はまぶしすぎて、俺の心臓が少し早く動き出す。
その激しい動きは一向に静まることなく、逆にどんどんと早くなっていく。



『だから…ありがとうございます!おかげで元気になりました!』


そう言うと、少し待ってってください!と帰りの準備をしに行った。

そこでぼーっとしていた頭が徐々に覚醒し、ふとあることを思う。





この感情は“恋”なのかと……







瞳にうつる君だけを見つめて
(この感情が“恋”なら…)
(それはまわりにまわってたどり着いた青春)








[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!