[携帯モード] [URL送信]
夜空を越えて君に伝えたい(山羊)




「・・・ふぁー。もうこんな時間か・・・」


よほど研究に集中していたらしい。気づいたら夜になっていた。


「それにしても・・・今日はすごい綺麗な夜空だな」


見上げた空には、数え切れないほどの満天の星。
それは、とてもなつかしいあの空に似てるような気がした。





「あーあ、ここに彼女と錫也たちがいればいいのに・・・」

彼女たちは今頃何してるんだろう、そんな事しか頭に思い浮かばない。



初めてできた友達だった。
みんなで笑いあえる日々がずっと続くと思っていたのに・・・


しかし、その願いはあっけなく崩れてしまった。・・・僕の留学によって。



そんな後悔と自分の申し訳なさを考えていると、ふと彼女達の言葉が思い浮かぶ。




“この空の下にいる限り、もし離れ離れになったとしても・・・私達はこの空を通して繋がっている”

そういえば彼女達がそう言ったのもこんな夜空の日だった。

忘れることは無い。むしろこれからも忘れられない思い出だと思う。




僕はこんな些細なことで悩んでいたのか・・・なんて思ってしまうと、急に今まで寒かった頬が火照り始めた。



「・・・よし、休憩したらもう少し頑張るか」

これ以上熱くならないように、頬を2・3回叩く。
そして散らかっていた書類をかき集め、机の上に少しだけ整理しておくとコーヒーを作りに行くためにキッチンへと向かった。










夜空を越えて君に伝えたい

(もし、いつまでも逢えることが無くても)
(この夜空を越えて、君に届くようにと願う)








[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!