[携帯モード] [URL送信]

ジェンヌさンのPLOF
真飛聖
真飛 聖(まとぶ せい)は宝塚歌劇団花組の男役スター。 神奈川県出身。愛称は「ゆう」。身長169cm。血液型B型。

幼少の頃からバレエを習っていたが、背が伸びすぎてバレエ続行が難しくなる。そんな中学3年の夏休み明けの始業式の日、友人の強い勧めで「宝塚の舞台は観たことがなかったが、星組の日向薫、紫苑ゆう、麻路さきを見た瞬間、ハッとしてここに入ろう、と思った」ことが志望動機。

1993年、2度目の挑戦で見事宝塚音楽学校に入学。
1995年3月、81期生として宝塚歌劇団に入団し、『国境のない地図』で初舞台。同期に大和悠河らがいる。
1995年、星組に配属。
1999年『我が愛は山の彼方に』で新人公演初主演。
2001年『花の業平』新人公演で主演(本公演の主演は稔幸)。
『ベルサイユのばら2001・オスカルとアンドレ編』新人公演ではオスカルを演じて主演、本公演では気性の荒いアランを好演する。東京で香寿たつき主演で再演された『花の業平』新人公演でも初演に引き続いて業平を演じ、四度の新人公演主演を飾って新人公演を卒業。
2002年『ヴィンターガルテン』で、朝澄けいとのダブル主演で、バウホール公演初主演。
2003年の日生劇場公演『雨に唄えば』では、初の女役に挑戦し、女優リナ・ラモント役を好演。
2004年、バウホール公演『花のいそぎ』に主演、バウホール単独初主演を飾る。
2005年、初ディナーショー『Sky Blue』開催。
2005年8月15日付で花組に組替え。
2006年『ファントム』にてフィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵役。
2006年11月、シアター.ドラマシティー公演『MIND TRAVELLER』に初主演。



[前へ][次へ]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!