[携帯モード] [URL送信]
約11ヶ月半
祝いの言葉とともに派手に飛び散る水飛沫。びしょびしょに濡れたTシャツもカンカン照りですぐに乾くだろうけど。けどね

「…随分手荒いね」
「うん、夏だし!」
太陽に負けないほどの笑顔が眩しすぎる。また水撒きを言いつけられたらしいパンサーは、ぶんぶんと水流を振り回す。
「じゃあお礼も期待しててよ。そっくりそのまま返してあげるからさ」
おれい?と呟いた後少し目を見開いて
「あ…俺誕生日2月…」
「うん?知ってるけど何か?」




パンサーの笑い顔が引き攣る。
あんまりいじめてやるなよワットー!
水場のほうから声がして、また夏のあっつい空気に戻った。
「あ、ちゃんとしたプレゼントは何がいい?あんまり高いのは勘弁な」
「そーだなぁ…」
去年は何を貰ったっけ、と考えて思い出した。
そういえばそろそろ一年経つのだと。
結局ひとり。たったひとり。けれどみんなと楽しそうに。


次の誕生日まで一緒にいて。

と頼むのはおもたいのでやめにした。

(必要もないだろうし)




END
*******************
ワト誕。なのになにこの微暗。
パンサー愛されすぎですんません。




[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!