[携帯モード] [URL送信]
必要資格
「傘ぐらい差せ馬鹿」

声をかけるとずぶ濡れの頭が上を見上げた。
「ずっとそこでそうやってたのか?」
少し黙ってからの返事。
「うん、ボール、どうしても一個足りなくてさ」

グランドの隅にうずくまっている影がパンサーだと気付いて、急いで駆け付けた。
雨により練習は中止。手慣れた様子で拾ったボールを倉庫に片付けたところを見たものだから、てっきり彼の仕事も終ったのだと思っていた。
もうそれから、30分以上経っている。

「多分この辺りだと思うんだけど…。草ボーボーでさ。今度草むしりしねーとなぁ」
屈み込んだまま、のんびりと言う。
胸の奥で、何かがくつくつ煮えている音がした。
「傘くらい差せよ。ぐしゃぐしゃじゃねーか、ほら」
持ってきた傘を差し出したが、パンサーの手は伸びなかった。
「いいって。もうどうせ濡れてんだし」
よかねーだろ別に。
なおもとる気配のなく、屈んで草を掻き分けている相手を見て、くつくつが少し大きくなる。
そもそも、何でこいつがそこまでボールに執心しなくてはいけないのか。
誰のためだ?



「まだ探すのか?」
こくり。
「ここのままでか?」
こくり。
胸の何かが煮え立つ。
「どうせこの雨じゃ、もう使い物になんねーだろうが。そんなにアイツに従いたいのかよ」
がさ。
手が止まった。再び茶色い顔が向けられる。
雫が幾筋も流れていく。返事を慎重に選んでいるようだった。

「…確かにそうかもしんねーけど」
小さめだがしっかりとした声。
「与えられた事ぐらいやらないと、俺、チームにいる意味なくなっちまう」

何かは溢れて、外へ流れ出た。




「…なんで傘閉じんだよ?」
パンサーの見開いた眼に、目線が合うようにしゃがむ。
「探してやる、一緒に」
「でも…風邪引くぞ」
「その台詞、そっくりてめーにくれてやらぁ」
「ホーマー、」
「んだよ」
「ありがとう」



パンサーだけをずぶ濡れにはしたくなかった。
ならば自分も濡れるしかあるまい。

それはきっと、
隣にいるための義務。


END

**********************
おお、ここの駄文にしては結構長い。ホマのイライラ感が好きです。歯がゆくてたまらん感じ。パンサが好きで好きで、でもなんも出来なくて、それでも傍にいたいんだよ。ナァ? 萌え。




[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!