[携帯モード] [URL送信]
ARMY-セカンドプラン-

そのコメントに多少の衝撃を覚えたのは、それが常々用意されていたかのようにスムーズにパンサーの口から放たれたからだった。
ワットも、眼鏡越しに眼を軽く見開いている。
二人の反応に少し戸惑ったらしいパンサーが口を開く。

「何か、変なこと言った俺?」
「…あー、いや別にそうじゃねーけど」
「うーん、なんて言うのかなぁ」
語尾を濁すワットに、ホーマーはため息をついた。ワットならうまく説明してくれるかもしれないという、期待は外れたらしかった。
「地に足が着いてるなぁって」
「『無重力の脚』のくせによぉ!」

右頬を、ぎににに、と引っ張る。パンサーはこういうときあまり抵抗はしない。抵抗はしないが痛そうに顔をしかめる。
「ちょっ…なんか怒ってる…!?」
「ちげえよ馬鹿」
ホーマーの声に微かな翳りがあることにパンサーは気づいているのだろうか。ワットはそう思いながらも目の前の光景に笑う。

天気の良い日だった。
パンサーの住むアパートの屋上には日が照り、頭上には青空が広がっている。床上には、今朝の朝刊が広がっていた。
「駄目だったら飲み屋でもやりやがれ」
「それってホーマーが飲みたいだけでしょ」
笑い顔で言うパンサーに、ホーマーはおうよくわかったな、と返す。
「元手が、な」
パンサーの手が新聞のページを捲る。
開いたのはスポーツ面だった。ドラフトで指名された若者が、誇らしげにユニフォームを掲げている。
「まあ、ここに行けるのが一番だけど」




夢を諦めるつもりはない。
けれどもう現実が見えない歳じゃない。



カサリ 
日差しに当たり続けた新聞紙が、乾いた音を立てた。



END
************
題がついてないと何がなんだか。え?ついていても何がなんだか??(汗)
無理やり時期を合わせてみたもの。




[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!