[携帯モード] [URL送信]
Happy Bitter Birthday
『ねぇ、誕生日、何欲しい?』

甘ったるい声。甘ったるい表情。
甘いものは嫌いではない。
清楚な女も好きだが、情に通じた女も好きだ。
『ねーぇ!』
自由回答問題でないことは知っていた。
お決まりの答えを返して、それなりに楽しんだの去年の誕生日。


あいつはケーキをくれた。
手作りの甘いケーキ。女の子みたいですまねぇなと笑いながら謝って。女の子を貰うより、本当は嬉しかったのだあの時既に。
でも、足りなかった。


*


「もっと甘いのがいい」
プレゼントに文句。不躾な発言にパンサーはぱちりと目を見開いて俺を見た。
「え、これ結構砂糖入れたんだけどな。ホーマー味濃いほうが好きだし」
「じゃあ食ってみろよ。たいして甘くねぇから」
白いクリームが付いたところを、指でつまんで口に含む。すかさず口を覆って、舌とケーキを奪い取る。
慌てて押し返してくる長い腕。
「っ何…!?」
朱く染まった頬が可愛い。手を伸ばして触れる。
「…足りない」
「何がっ!?」
「甘さ」

皆が帰ったロッカールームは静かで、普段騒がしい分それが際立った。また会う約束があった。あいつら、俺の誕生日にかこつけて飲みたいだけだ。(別にいいのだ。俺もいつもそうだから)
あと数時間で今日が終わる。ワガママをやれる権利を持っている(気がする)今日が。なら、今のうちに。


手を、すばやく衣服の中に滑らして、びくりと反応したパンサーの皮膚を撫でつけた。
「ホーマッ…!」
目を丸くして唱える自分の名に、気が急く。
まだ状況を理解しきれていないパンサーをベンチに押し倒すのは思いの外簡単で不安になる。

俺じゃなくてもこうなるのではないかと。

不安を掻き消したくて、首筋に痕を残す。
見えるか、ここじゃ。知るか。もっともっと。足りない。


服をたくし上げて、丁寧に鍛え上げられた胴に、舌を這わす。割れた腹筋から胸元。ぺろりと。そして左側の突起を。
「…ひぁっ、……」
驚いただけかも知れない。なのに漏らされた声に興奮して、執拗にそこを舐める。やがてつんと尖った。愛しくて歯を立てる。いつの間にか肩の上に置かれた手に、きゅっと力が籠る。
顔を見上げた。紅潮した頬目を細めて。瞼が細かく震えている。恥ずかしそうにすぐに伏せた。もっとだ。もっと。


下着ごとズボンを下ろした。固くなり始めている、パンサーのを握った。
「っ…く、」
始めに少しだけ唸ると、それ以後パンサーは声を出さずに黙っている。やたら静かで、淫らな水音だけが聞こえた。



くちゃ ちゅ



どんどん、膨らんでいく。俺の、下だけじゃない何かだ。酷く圧迫感があって苦しい。
こんなに苦しかったか去年は。違う今日だけじゃないいつもだ。なんでこんなに余裕がないだこいつ相手だと。必死に。必死で。
欲しい。でも無理だ。わかりきっている。パンサーはこんな行為すら拒否せずにいてくれるけれど。


指を濡らして後ろに挿した。きつく絞まるそこを徐々に慣らしていく。
「入れるぞ…」
こくんと頷くパンサー。やっぱり可愛い。
ゆっくり、ゆっくりと穴を埋めていく。暖かい。
「痛く、ねぇか」
「へい…き…」
根元まで入れてから動かした。長い足が力無く揺れる。
肌を密着させて、それでも足りなくて額を擦り合わせる。
「ホー…マ…?」
「……て」
「え?」
言い切ることはできなかった。やっぱり駄目だ。こいつ相手だと。

苦しい苦しい。
でも、そんなのどうでもいいくらい、


愛しい。





やり終ったあと、気だるさと恥ずかしさで、二人してしばらく黙っていた。
「…もう、こんな時間だな」
「おぅ」
「みんな待ってるよ」
「飲んでんだろ勝手に」
あと、数時間で今日が終わる。一つ歳をとる日。
「甘かった…?」
ぽつりとパンサーが尋ねる。
「いや、すげぇ苦かった」
軽い調子で答えた。

「何だよソレ」
「そのまんま」
「う〜ん…」
どっちにしろ俺が選んだんだ。 とは言わなかったが。
てめぇといると苦くて苦しい。けどな、一緒にいる価値、十分にあるんだよ。悔しい事に。
言わない。今のところは。


「口直し、する?」
少しだけ崩されたケーキ。パンサーが差し出した。
手を伸ばそうと体を寄せると、不意に口移しで入ってきた。
唖然とする俺に、微笑んで言う。

「ハッピーバースディ。ホーマー」




END
******************
はい!エロでした。描写に字数取られますねエロは。その上難しい…。
甘いのか苦いのかなんなのか。なにはともあれ誕生日おめでと!
あの、感想お待ちしてます…。




[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!