少年触手姦|BL小説|裏夢小説|官能小説|エロ小説
四つん這いにされ触手に拘束


朝、目覚めたタカシの目に飛び込んできたのは、蠢く触手だった。


五本の触手が生えているグロテスクな生き物が、タカシの布団の足元に出現したのだ。


タカシは四つん這いにされ触手に拘束される。


足を肩幅よりやや大きく開かされ、手は後ろ手に縛られた。


触手がタカシのアナルに優しく触れると、一気にアナルに突き刺さる。


「うぅっ、痛いっ」


タカシは苦痛の声を上げる。


触手はアナルに突き刺したまま しばらくいたが、やがてゆっくりと出し入れを始めた。


「痛いよ、止めて」


最初はそう言っていたが、それが快感になるまでに時間はかからなかった。

[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!