激込み車両痴漢官能小説|BL小説|裏夢小説|官能小説|エロ小説
引っ張り出す


彼はまた伏し目がちに下を向くと、いきなりペニスをズボンから引っ張り出しました。

幸い周りの人の目に入る位置ではなかったので、誰も気が付いてないようです。

既にペニスからはガマン汁が溢れてきているようでした。

彼は指先でヌルヌルになった彰太のペニスの先を撫で回します。

時折指で輪っかを作り、シコシコとしごいてきます。

さらに亀頭を満遍なく撫で回してきます。

足がガクガクと震える程の快感でした。

「・・・ダメだ。いっちゃうよ」

ずっと我慢していたのですが、もう限界です。

その時彼が顔を上げ、彰太の目を見ながら小声で

「出そう?出しちゃっていいよ」

と微笑みながら言いました。

その瞬間、

「あうっ・・・」

と声を出しながら、いってしまいました。

彼はザーメンを手のひらで受け止めたようです。

駅に着いた後、呆然としている彰太のズボンにザーメンをなすりつけてサッと降りていってしまいました・・・。

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!