M字開脚でクリトリス責め(裏夢小説/官能小説/エロ小説)
クリトリスが勃起して


足を開かせてパンティを見ました。

『染みてるよ』

パンティを割れ目に食い込ませるように、上下になぞられました。

『あっ・・・あん』

『愛液が・・・たっぷり染みてびちゃびちゃだ』

また足を閉じられ、それからパンティをもものあたりまで、ずりおろされました。

『おお、パイパンだ!女の子のすじがまる見えだ・・・』

スカートをちょっとだけめくり上げ、わざとオマンコの部分だけが見えるようにします。

スカートから覗いているおまんこの肉割れを、指で撫でたりキスしたりしていましたが、すぐにパンティを全部下ろして脱がしてしまいました。

セーラー服とハイソックスなのに、おっぱいとオマンコだけが剥き出し・・・

『さあ、よく見えるように足を開いて』

美穂が足を広げると、ぴったり閉じていた肉の割れ目が左右に開きました。

腰の下に枕を入れられ、一番恥ずかしい部分が差し出されてしまいました。

セーラー服から、乳房の下半分とアソコを出している美穂に尋ねました。

『美穂ちゃんはどこを触られると一番感じる?』

両乳首をまた指でクルクルいじります。

『あんっ・・・』

『おっぱい触られるのが好きかな?』

『ん・・・』

『他にはどこ? 触られるともっと感じる部分があるだろう? イかされちゃう場所が』

『・・・クリトリス・・・』

『陰核責めが好きなんだね』

顔を近づけ、舌でクリトリスを下からこすり上げました。

『あうんっ!』

クリトリスはまだ皮に包まれて、少しだけ先をのぞかせています。

足首をつかまれ、M字開脚にされました。

割れ目が最大に開きます…。

クリトリスの先端が、皮からちょっとだけ出ています。

その小さく尖った赤い芽を唇で包み、舌先でくすぐりました。

『あうっ・・・あっ・・・はあっ・・・』

腰と背中が快感でしびれてきました。

足首はつかまれたままです。

M字にされたまま、クリトリスを舐められ続けました。

包皮ごと吸われ、もどかしい快感です。

時々、クリトリスの先端をピンポイントでくすぐられると、鋭い快感によがり声を上げました。

もっと皮を剥いていじられたい・・・

いつの間にか、足首をつかんでいた手は離され、美穂の腰を抱きかかえるようにしていました。

少しずつクリトリスが勃起して、露出したそこは感じています。

『ああ・・・気持ち良い・・・あああっ・・・もっと・・・もっと・・・』

[*前へ][次へ#]
[戻る]