オマンコいじってください(裏夢小説/官能小説/エロ小説)
ずぶずぶと奥まで押し込んで


最後の最後まで彼は意地悪だった。

美花が言えずにいると、先っぽを入口に押し付けて軽くぐりぐり動かしてくる。

「あ、あっ…」

「ほらぁ、気持ちいいんだろ?」

美花は限界で、おかしくなってました。

「美花の、おまんこに…お…おちんちん…入れて下さい…あぁん!」

言い終わるか終わらないかくらいに、彼はいきなりずぶずぶと奥まで押し込んできた。

そのまますごい勢いでピストンしてくる。

「あっ!あっ、すごいっ、気持ちいいのぉ…!すぐ、いっちゃうっ…あっあぁんっ!」

じらされたせいか、あっけなく美花はいかされてしまいました。

でも、彼の動きは美花がいった後も止まらない。

敏感になり過ぎてるあそこを更にめちゃめちゃにする。

「あぁん!だめ、やっ…変に、なっちゃうよぉっ…あん!はぁんっ!」

ぐちゅぐちゅ、びちゃびちゃヤラシイ音が聞こえてくる。

そんな音にまた興奮して、体が敏感に反応してしまう。

「あ、また…あぁっ!いくっ…いっちゃう!」

2度目の絶頂を迎えようとした時。

彼は動きを止めてモノを抜く。

「バックでしよ、四つん這いになってお尻こっち向けて」

あたしは言われた通りにする。

お尻を向けて、肩で息をしながら続きを待った。

「そう…そのまま頭を低くして、お尻を上げて、脚は開いて…」

「ん…はい…」

もう美花は操り人形のようでした。

言われた通りに脚を大きく開いて、お尻を持ち上げる。

「いい子だね…美花の大事なところが丸見えだよ? びっしょり濡れて、お汁が太ももまで垂れてる…」

「はぁ、恥ずかしいよぅ…」

「でも感じてるんでしょ?中がひくひく動いてるよ」

「あ…はい…すごく、感じます…」

彼はそのまま軽く指であそこをいじって、そしてじらす。

だから美花からおねだり。

「あ、んっ…、続きして…おちんちん、ちょうだい…」

「じゃあ、自分でおまんこ広げて?」

「ぅん…早く、早くぅ…」

ぼんやりとそう言いながら、美花は自分の指でマンコを『くぱぁ』っと広げました。

「あ、ここに…入れて…おちんちん入れてぇ…」


「…すっげーやらしいよ…すげー興奮する」

「早く、は…はぁあん!」

彼はまた一気に入れてきた。

さっきよりも奥まで突かれているようで、お腹のほうにまで響いてくる。

「あぁ!いいっ…気持ち、いいよぉっ…やぁあん!」

「すげ、締まる…いっちまいそ…」

「あっあっ!ああん!あ…すごいよぉっ」

彼は腰を動かしながら、後ろから胸をわしずかみにしてきました。

そのまま、かき回すように激しくピストンする。

「あ、あっ、またいっちゃうっ…あっ、あんっ」

「俺も…くっ」

「んっ、あ…あぁ!だめっ!いくっ…あぁぁっ!」

「ん…くっ!」

そしてそのまま、美花の中に精液が流し込まれました。

[*前へ]
[戻る]