オマンコいじってください(裏夢小説/官能小説/エロ小説)
指をにゅるにゅる動かして刺激する


休み時間中ふらふらしてたらサッカー部の部室が鍵開いていた。

中に入って、美花は部室にあるものでヒマつぶす事に。

でもジャージとかボールしかなく…しばらくごそごそやって、そしたら漫画とか雑誌を発見。

全部エッチ系のもので、その漫画を読む事にしました。

そしたら。思った以上に興奮、誰も来ないからちょっとならいいよね…って思って、一人エッチ始めてしまいました。

美花はブラウスの中に手を入れ胸を揉みながら、アソコをいじる。

部屋でするのよりずっと感じて、少しずつ下着にシミができていくのが分かった。

「はぁ、あっ…気持ちいいよぅ…。」

足が自然と開いてしまう、我慢できなくなって、下着を太ももまで下ろしてマンコに触れた。

そこは熱くなってて、もうびっしょり。

濡れやすいほうなんだけど、この時はすごかった。

お汁を指ですくうようにして、クリトリスにこすりつける。

指をにゅるにゅる動かして刺激すると、さらにどんどん溢れてくる。

「あ、やっ、感じちゃう…はぁぁん。」

なんて、快感に身をまかせてた時。

ガタン!「?!」

大きな音がして、思わず手を止めて目を開ける。

信じられなかった。扉が開けられて、誰かが立っている。

[次へ#]
[戻る]