くちゅくちゅといじくられて(裏夢小説/エロ小説)
指が割れ目の上を往復し


痴漢は割れ目に沿うようにすーっと指を動かしてきます。

体が待ち望んでいた刺激が来たのが嬉しくて、奈央は思わず吐息を漏らしてしまいました。

しばらく指が割れ目の上を往復し、と、痴漢が下着の中に指を差し込んできました。

ヘアを撫でられたりしている時はまだ少し怖かったのですが、

でもそれは次に襲ってきた快感によってすぐにかき消されました。

痴漢はクリトリスを奈央の愛液で濡らした指でじかに擦り上げてきました。

自分の手で触るのとは全然違う気持ちよさでした。

奈央は声をあげそうになったのを下を向いて堪えました。

下着越しに触られていた時とは比べものにならないような快感でした。

くちゅくちゅと敏感な部分を執拗にいじくられて、下半身が熱くじんじんとしてきます。

痴漢の指はある時はあそこ全体をこねまわすように、

またある時は触れるか触れないかのようにごく軽くクリトリスを触ってきました。

奈央は息を止め、唇を噛んで思わず漏れてしまいそうになる喘ぎ声を堪えます。

なのに奈央は無意識のうちに、痴漢の指がスムーズに動けるよう太股をゆるめていました。

痴漢はクリトリスをいじる指とシンクロするような動きで、

乳首も優しくこすりたててきます。

[*前へ][次へ#]
[戻る]