くちゅくちゅといじくられて(裏夢小説/エロ小説)
強い快感を求めるように


その痴漢は電車の揺れに乗じてうまく奈央のお尻を触ってきました。

奈央は感じやすくちょっと触られただけで、さっと顔が熱くなりました。

やがて痴漢はスカートの中に手を差し入れてきます。

太股をするすると撫でて、同時に胸の方も触ってきました。

痴漢に胸を触られるともう乳首が立っているのを感じました。

痴漢はたまに指を乳首に引っかけるようにしながら胸を触り、

もう一方の手で太股やお尻をなでまわします。

奈央は息を押さえながら痴漢のゆるやかな手の動きを味わっていましたが、

じきに奈央の身体はもっと強い快感を求めるようになります。

何もかもお見通しのように、痴漢は下着の上からそっとあそこを触ってきました。

多分下着が濡れているのにはすぐ気付いたでしょう。

[次へ#]
[戻る]