愛あるドS攻め|BL小説|裏夢小説|官能小説|エロ小説
快感に我慢の限界が近づき


興奮したユウジは服を全部脱ぐ

マモルに自分のぺニスを近づけ咥えさせた。

完全勃起してない時は根元まで咥え込んでいたが、徐々にマモルの口の中で膨れ上がるので咥えきれず、口を離す

ぷはぁっ…はぁはぁ…やっぱりユウジのは長くて大きいっ

入れて欲しい?

うんっ…お願い…

ユウジは先っぽをマモルの穴に付けゆっくりと押し込んでいった

っ……んんっ…

奥まで入れたら気持ち良くなるからね

マモル力抜いて…動いちゃ駄目っ…

入り口を越えると後はローションのお陰か、中に飲み込まれていった

はぁ…凄い…入ってくる…はぁ…気持ちいいっ…はぁ…

すでに半分以上ペニスがマモルに飲み込まれている。ユウジはペニスを前後に動かし始めた

ヌヌッ…グチュ…ヌチュ…

ああっ…いいっ…ユウジの気持ちいい…

締め付けがきつく、ユウジはそれだけで射精しそうなのだが、この快感をもっと味わいたく、何度も夢中で腰をゆっくりと前後させている

快感に我慢の限界が近づき…

はぁ…はぁ…気持いいっ!気持いいっっ!

ユウジは限界近くで根元までペニスをねじ込んで、動きを止める

はぁっ!…マモルお尻ぎゅって閉めてっ!穴に力いれてっっ!!

とユウジが言うと力を入れた…その締め付けに…

あぁぁっ…気持いいぃ!…出すよっっ!!マモル中に一杯だすよぉっ!!!…ぁぁっ…

…っぁああ…凄い…全部…マモルの中で出た…はぁ…はぁ…
 
ユウジはあまりの快感と興奮のため、かなりの精液を中に放出した

マモルはそのなんとも言えない生温い液体が中で出るのを感じた

[*前へ]
[戻る]