変態先生|裏夢小説|官能小説|エロ小説
突き上げられたい



こんなぐちょぐちょな状態で男のひとの『あれ』を入れて突き上げられたい…、もっと気持ち良くなりたい…心の中で叫びます。


「っ!!」


バイブが強まります。


強烈な刺激にルミは観念しました。


「先生の、入れてほしい」


「何を?」


「……」


言えなくてうつむくと、手を持たれてズボン越しに先生のを触らされました。


「これが欲しいの?」


凄く堅い感触です。


ルミはうなずきました。


すると手首をつかむ先生の手に力が入りました。


「これの名前をちゃんと言いなさい」


「……。」


「おチンチンだろ。言え」


恥ずかしい・・・羞恥心に涙ぐみました。


「…おチンチン…入れて下さい。」


「ちゃんと先生の顔見て言え。上目使いに見上げてみろ」


恥ずかしくて恥ずかしくて涙が溢れそうです。


羞恥心に頬が上気します。


先生の目をすがるように見つめて吐息で囁きました。


「ルミのマンコに…おチンチン…入れて下さい」


「入れてやるよ!!」


先生は荒々しくルミをベッドに押し倒し、濡れてベタベタになったパンツを下ろしました。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!