変態先生|裏夢小説|官能小説|エロ小説
いやっ!何これ



これは集中力を高める為にやるんだからな。


そう言うと先生はルミのパンツの中に手を入れ、あそこに当たるよう何かを入れました。


先生は課題を解き終わったら呼ぶよう言うと、ベッドに座って雑誌を読み始めました。


課題進めていると、突然あそこが小さく震え始めました


「あっ!」


驚いて声をあげると振動がなくなりました。


気のせい…?


あそこにまだジーンとした余韻が残ります。


課題に戻ると、また、ウ゛ィーンとあそこが振動し始めました。


『いやっ!何これ』


目をぎゅっと閉じると振動がやみました。


課題に戻ります。


するとまた振動です。


刺激から逃れるようくねくね身体を動かし、涙ぐんで先生を見ると、先生がベッドの上からにやにやとルミを見ています。


「そのまま課題をしろ。終わったら持ってこい」


今度は振動が止まりません。


息が荒くなり頭が真っ白になり集中できません。


「あ…あぁっ」


身体をそわそわ左右に動かしながらなんとかプリントを終えて、先生のところへ持っていきました。

[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!