松山油脂
動物実験は行なっていません。また他機関への委託も一切行なっていません。2001年3月まで、化粧品の製造に用いられる原料には、厚生省(現厚生労働省)の認可が必要でした。その申請には、原料の安全性を確認するために動物実験が義務付けられていました。従って、弊社商品に限らず、現在日本国内で製造販売されているほとんど全ての化粧品の原料は、過去に必ず動物実験されています。ただし、弊社から動物実験を委託したことはありません。製品の安全性は、すべて社内スタッフと社外モニターによるテストで確認しています(HP記載)

2004年9月に、JAVAのアンケートに対し「購入している製品原料に関して、2003年4月1日以降、動物実験を実施または委託していない」と回答しました。弊社では、よりよい原料を恒常的に探索したり、原料の見直し等を行なっております。その取り組みの過程で、上記の回答とは異なる事実があることが判明いたしました。そのため2008年7月、JAVAに対しましてもこの旨、および上記の回答を「実施している」に訂正させていただく旨を連絡しました。

弊社では、2001年3月末日までに化粧品原料として認可されたもの、または、2001年以降に開発された原料でも、動物実験がされていないものを優先的に採用しております。しかしながら、製品の安定性や使用感の面を考慮した場合、やむを得ず動物実験がされた新規原料を使用する場合もございます。

〒131-0042
東京都墨田区東墨田2-17-8

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!