エイボン
エイボン・プロダクツ(本社:米国)は、1989年6月に大手化粧品メーカーとして業界に先駆けて、動物保護の精神から「動物実験の全面廃止」を宣言しました。日本エイボンはこの方針を遵守しつつ、製品と原料の安全性を確保しています。また資源保護の観点からも、動物由来の成分は極力使わないよう努めています(HP記載)

「動物実験全面廃止ポリシー」の詳細は、以下の通りです。

・ エイボンは、製品や原料に関する動物実験は行いません
・ エイボンは原料を供給しているメーカーに、エイボンのための動物実験を委託または要求しません。
・ 供給メーカーや他機関が、エイボンに代わって動物実験を行うこともありません。
・ 何らかの理由で製品や原料の安全性を確認できない場合、エイボンはその製品の販売または原料の使用はいたしません。

このポリシーに従うため、エイボンでは以下に基づいて製品の安全性を確認しています。

・ 米国および国際的な法規制。
・ 約5,000の処方や原料の安全性に関する情報を網羅した、 エイボンの総合的なコンピュータデータベース。
・ 「製品安全性データシート(MSDS)」による情報。
・ 世界各国で発表されている原料の安全性に関する論文。
・ 「香料原料協会(Fragrance Materials Association)」 から出ている科学、毒物学および安全性に関するレポートや、 業界団体が発行している、香料によるアレルギー反応の発生を減らすために制限される香油成分のリスト。
・ 人間による製品の安全性テスト。
・ コンピュータによる構造/能動性分析および動物実験代替法による分析。

1989年以降、エイボンで販売する製品およびエイボンが開発した原料(一部の原料については、本社の研究所と共同開発を行っております)に関しては、全く動物実験は行っておりませんが、原料メーカーの動物実験につきましては、各原料メーカーが行っている試験等の独自の情報については、エイボンですべてを把握してはおりません。動物実験をするかしないかは相手企業のポリシーになりますため、原料について動物実験をしていないことを採用の条件にすることは現状では難しい状況となっております。

〒163-1430
東京都新宿区西新宿3-20-2

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!