FANCL(アテニア)
動物実験につきましては、弊社グループ会社であるファンケル中央研究所及び化粧品研究においては行っておりません。ご存知かとは思いますが、弊社では化粧品、健康食品、青汁等の事業を行なっております。これら事業の商品化にあたりましては弊社中央研究所にて、商品一つ一つの安全性や効果の研究及び実験を行なっておりますが、以前までは動物実験を伴う研究や実験は行なっておりませんでした。

化粧品の製品・原料について、弊社及び弊社研究所にて、動物実験は一切行っておらず、第三者機関に依頼することもございません。人体にとって安全で効果があるということを実証し、みなさまに安心してお使いいただける商品を提供するためには、第三者の研究機関で実施された動物実験によるデータを参考にしたり、原料メーカー段階で実施した動物実験の結果を参考にし、安全性や有効性を判断したあと、ヒト臨床試験を実施するという手法をとってきており、化粧品についてはこの手法で対応しております。

しかし、サプリメントや食品について、独自で新規な素材の開発にあたっては、既存のデータからでは、新成分の安全性、有効性等を検証することができない場合があります。安全性や有効性のデータ無しにはヒト臨床試験計画を審査する倫理委員会(社外の医師の参加を含め、臨床試験における被験者の人権を尊重しているかどうかを厳正に判断するための委員会)を通過することができません。すなわち、現在の科学技術レベルにおいて動物実験を避けては、安全性と有効性がヒトで実証された、独自性の高い製品を開発することは事実上不可能な状況にあります。弊社では大学を始め第三者の研究機関と新素材開発に向けての積極的な共同研究を推進しており、2003年度より研究分野を限って製品の安全性を確保し有効性を確認するためにどうしても動物実験を必要とする場合は、これらの研究機関で実施することもやむなしと判断しております。どうか、ご高察の上、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※化粧品原料の開発も行っているが、化粧品については、培養細胞・人工皮膚を使った代替法で安全性を確認しており、委託を含め動物実験は行わないとのこと

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町89-1

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!