[携帯モード] [URL送信]

空を見上げて 番外編
S.Tsunayoshi Buon Compleanno!! in2014

10月13日―――皆ご存知イタリア最強のヒットマン、リボーンの誕生日である。

無事に2歳(仮)になった彼には朝一でプレゼントを渡した。

「今度使わせてもらうぞ」と言っていたからその日が楽しみだ。

夕方には昨年行われたであろうものほどでは無いパーティーも行われたのだが…

うん。

思い出すのは止めよう。

記憶から今すぐ抹消だ。

まぁ、最後にはパーティーどころではなくなったとだけ言っておく。

なにがともあれ片付けも終わり、あとは寝るだけになった今、ツナと私はパーティーで潰れた時間にやる予定だったリボーンからの課題をやっている。

ツナは数学、私は何故か人間の神経について(どの辺を強く叩けばどこの神経が麻痺するかという類い)のレポートだ。

…レポートって大学生がしているイメージしかないのは私だけだろうか。

その課題を出した当の本人はかなり前から寝ていたみたいで、いつの間にか「スピースピー」と聞こえてきていた。


『あの鼻提灯割っていいよね…』

「……柚ちゃん?」


かなり小さめの声で呟いたつもり立ったのだが、ツナには聞こえていたみたいで首を捻ってくる。

何でもない。と笑いかけパソコンへと向き直った。

しかし、画面を見るとどうしても目に入る右下のアレを見て、慌ててツナを見る。

どうやら応用問題で手こずっているみたいだ。


『ツナ』

「ん、なに?」

『Buon Compleanno!』


その言葉と共に後ろに隠していた物を渡すと、一瞬分からなかったみたいだが、すぐに顔をほころばせた。


「ありがとう!!ってもう日付替わったということは12時過ぎてる…!?」


部屋の時計を見て溜め息をつくツナ。


「開けていい?」

『もちろん』


私が頷くのを確認してから慎重に包装紙を開けるその手つきは、まるで爆弾を解体いているようだ。


「これって、もしかして…」


プレゼントを見て、ビックリしたように呟くツナの手には白を基調といたマフラーがある。

端には赤で一本の横線と27の文字。


『そう、手袋とお揃い。初めてだったから思ったようにするのが大変だったし、マフラーの時期はまだだけど、実用性が有るものと思ってさ』

「編み物出来るんだ…凄いね。ホントにありがとう、柚ちゃん!大切に使うよ」

『そう言ってもらえると作った甲斐がある』


マフラーを抱きしめるツナに『こんな時に渡した私も悪いけど…課題の続きやろっか』と声を掛け、寝たのが2時。

そしてその日のうちにマフラーが壊れた(焦げたともいう)のを見て、つくづく誕生日に運がないツナだと思った。


〜END〜


「部屋で銃とか手榴弾を使うなって言ってるだろ!!?」

『まあまあ、冬までに作り直すから…』





1/1ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!