[携帯モード] [URL送信]

空を見上げて
標的16 その3

ドカン!!


「あぁ…!!撃っちゃった…。やばい、呼んじゃったよ〜!!」


ランボが10年バズーカを撃ったのを見て頭を抱えるツナ。

あのままよりは良い気がするけど、確か昨日(今日の未明)に言われてたんだっけ。


「う゛お゛ぉい!!何だありゃあ!?部外者がいるぜぇ!!」


…たしかに、10年で此処まで変わるか?ってぐらい変わってるけどさ。

手品じゃあるまいし、少しは本人かも、という思いを持とうよとか考えてしまう。


「ランボ!!ごめん!やっぱり子供の君じゃダメだったんだ!!」

「やれやれ…謝らないでください。こうなる気はしてたんです…。それに若きボンゴレ。こう見えても、オレはやる時はやる男ですよ」

「うん。知ってる…知ってるよ!!」


ツナの返事に満足そうに微笑むランボだったが、私の顔を見て止まった。

…つい頬を確認してしまったが、まさかご飯粒が付いてるとかでは無さそうだし。


「ところでボンゴレ、その女性は?」

『えっ?』

「柚ちゃんだよ…?」

「柚さん…。すみませんが初めてですよね?」

「あ゛ぁ?なに言ってるんだよアホ牛」


ちょっと待った!

このランボは10年後のランボ。

だから平行世界のランボなら、イレギュラー分子の私のことを知らなくてもおかしくないけど…。


「貴様…俺より目立つな」

「おまえがヴァリアーか。それは無理な相談だ。オレにはスター性があるからな。サンダーセット」


此方から尋ねようとする前にレビィが声を掛け、ランボも其方に行ってしまう。

時間制限があるから仕方ないけど…今度会ったときにでも詳しく聞こう。

……次って何時なんだっけ?


「ぐあぁあ!!」

『っ!?』

「な、なんだありゃあ!?」

「ああ……ラ…ランボ!!」

「ヤベーな。ランボの体質を持ってしても、あの電圧には耐えられねーぞ」

「そんな…!」


大きな音がした瞬間、レビィ・ボルタが直撃したランボが中心あたりで倒れる。

こういうときに入れないってのはもどかしい…!

ふらふらしながら立ち上がるランボに、追い討ちと言わんばかりにパラボラを投げるレビィ。

最悪なことにそれはランボの左肩に刺さる。

昨日から薄々気付いてたけど、内容もマンガverとか!

せめてアニメverだったら少しは被害がましなのに!!

本気で頭を抱えたくなるのを抑えていると、今度は10年後ランボが10年バズーカを持って……………撃った。




[*前へ][次へ#]

3/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!