[携帯モード] [URL送信]

空を見上げて
標的16 その1

『…うん。もう一回言って』

「一回と言わず何回でもいいぞ」

『いいから』

「今日一日山本の道場で一緒に修行してこい」


……解せぬ。

マジで解せぬ。


『藪から棒に…何で?』

「昨日の話は憶えてるか?」

『あぁ、あれ』


1人では危ないから、単独行動にならないように(雲と雷と霧を除いた)守護者、もしくはツナと行動するって話。

一日中風紀委員の書類をする予定だったし、何かあったら草壁がいるし大丈夫って言ったんだけどな…。


「それだけ心配されてるってことだ。それに雨だからツナに着いてこいとは言えないしな」


まぁ、道場か。

もう半年ほど行けてない。

…よし。

京子と草壁に今日休むとメールしよ。

これから数日ぐらい休んだって支障は何も無いだろうし。

そう思い、連絡を済ませ山本の家にいくと道着が一式用意してあった。

サイズが又してもピッタリとか、まさかこれも風紀委員クオリティ…?

これまた貸してもらった防具一式も身にまとい、一礼して道場にはいる。

うん…この空気。

よかった、これは何処も変わらないんだ。


「よろしくな、柚!似合ってるぜ」

『ありがとう。山本も似合ってるよ』

「サンキューなのな」


なんですか。

イケメンは何を着ても似合うんですか。

野球のユニフォームほどがしっくりくるし。

けど、やっぱり身長高い。

177だっけ?

兄貴は高すぎたから別として、これくらいの高さなら何とか普通に面へ竹刀が届きそうだ。

というか、兄貴は可笑しいぐらい高すぎる。

妹が150あたりを彷徨っているのに、約40も違うとかもはや血が繋がってるか疑いたくなる。

いや、ちゃんと繋がってるけどさ。


『けど、練習相手が私なんかで大丈夫?』

「唯一の女性風紀委員がそれ言うか!?」

『いやだって…』


人殺しの剣とはやったことある訳ないし…と言いかけて慌てて口を閉じる。


「どうした?」

『いや、私ブランク結構あるよ』

「大丈夫だって。俺なんか初心者だぜ」


そう親指立てて言われても、あなたは元々運動神経いいからなー…。


「柚こそ学校はいいのか?」

『中2は既に一回してるから気にしないで。それに行っても書類整理してるだけだから』

「なら良かった。それじゃあ頼むわ」

『うん。まずは体操と素振りから始めよっか』


Θ




[次へ#]

1/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!