[携帯モード] [URL送信]
act.3『亮とリョウ』
(宍戸視点)


その時は本当に仁王の言葉にびっくりして無駄に瞬きをした。


「おいおい、俺んちマンションだぜ!?」

「しつけすればそんな吠えんと思うん。それに独りじゃなくなるんは良いと思わん?」


単純にも口車に乗せられ、その言葉ですっかりその気になってしまった。

仁王とその場で子犬を見て悩んだ。


「おまえは二匹連れて帰るんだな?」

「飼っても良いって友人がおるん。」

「そっか……じゃあ、俺はコイツもらって帰るな?」


丸くなっていた子犬を抱き上げ、懐に入れた。

体温はまだそんなに奪われてはいない。

俺は今なら間に合うと思い、仁王とその場で別れ、マンションへ急いだ。


それが高等部2年の冬だった。

犬はその時点で生後2ヶ月くらい。

世話が焼けそうだが、無音の世界から救われるならそれで良いと思った。

家に帰れば無機質な音しかしない。

孤独と戦わねばならなかった。


「暖めねぇとな。」


まず、子犬を暖房のそばに置いて暖めた。

子犬の体温が完全に戻る頃、朝日が登り始めていた。

俺は子犬を見張りつつ、ソファー(跡部がくれた)で仮眠していた。


『………くーん、』


その寂しげな声を夢の中でも聞いた。

行ったり来たり、床を歩く音も聞こえた。

それに気づいてようやく目が覚め、身を起こした。


「犬……?」

『!』


俺にびっくりしたのか、とっさに身を隠す犬。

しばらく人には慣れそうにない、と思ったときだ。


『ヘッ、ヘッ、ヘッ、』


ただ独りが怖かったんだ、と感じた。

すぐに俺の元に駆け寄り、猫のように足下にすり寄った。


「寂しいな……」

『くぅ〜ん、』

「でも、これからは俺がいるぜ……リョウ。」


気がつくと涙を流している自分がいた。

自分に言い聞かせるように子犬に声をかけた。


怖かった。

家族と死別した日以来、俺は毎日孤独さと戦ってきた。

だから、小さくても家族ができたなら俺は独りじゃなくなる。


子犬がリョウという名前なのはそのため。

自分に言い聞かせるように自分の名前を呼んだのが始まりだった。





無料HPエムペ!