[携帯モード] [URL送信]
act.1『悲劇』
(宍戸視点)


出逢い、そして別れ、

俺たちは成長した。

もちろんリョウ、おまえもな―――











犬も歩けばラヴ…










俺、宍戸亮は中等部3年の冬、事故に遭った。


「――ど、宍戸ッ!」

「しっかりしてください、宍戸さん!」


ふと目を覚ませば、見慣れたメンバーが涙を流し、俺を揺すっていた。

状況が把握できない俺はぼんやりとみんなを見ていた。


「…んで、泣いてんだよ?」

「宍戸さん!!」

「宍戸!俺らのことわかるか!?」


赤い髪が俺の顔にかかるくらい顔を接近させて岳人が言う。


「近ぇーよ、岳人。」

「よかった!記憶は大丈夫そうだ。」


複雑そうに顔を歪めた岳人を見て俺は思い出した。

事故に遭う瞬間を―――



「あなたぁ!」
「くっそ!!」
「きゃああああ!!」


―キィィィィ


そして、思い出した。

愛する家族のことを―――


「か、さん……岳人!俺の母さん父さん兄貴は!?」

「そ、れが…さ……」


言葉を詰まらせたまま、岳人は俯いた。

口を開きそうにない岳人に苛立ち、舌打ちしてジローを半ば睨みながら見上げた。


「ジロー!あの後どうなったんだよ!!」

「いや…その……」


誰も口にはしない。

俺は家族が良い状態ではないと悟った。

この目で確認するため、事故のせいで痛む体に鞭打ち、ベッドから身を起こした。


「アカンて宍戸!まだ良うなってへんのに「うっせー!黙ってろ!!」


心配してくれた忍足に八つ当たりし、支えてくれようとした手を払いのけた。

俺の視界に困った顔をして跡部に目配せする忍足が見えた。


「宍戸、一度しか言わねぇからよく聞きな。」

「跡部さん!」

「いい、いずれわかっちまうなら今言った方が楽になれるだろ。」


若と跡部のやり取りに多少の疑いを持ち、耳を傾けていた。


「宍戸、おまえの親父さんと兄貴は―…」


最悪だ、こんなことってない。


「即死だったらしい。お袋さんはさっき、息を引き取った。」


俺を“亮”と呼ぶ人が誰一人としていなくなった。

この日、このとき、テニスでレギュラー落ちしたときとは全く違う苦しみを味わった。

絶対に立ち直れないと思った。





無料HPエムペ!