[携帯モード] [URL送信]

シリーズ
不良君と悪魔の微笑み

「なぁ……」
「ん?なんだい、スズねむたいの?」
なんとか、顔の赤みが引いた俺は、服の裾をクイっと引っ張る。



「眠くないから……お前、今日仕事終わったのか?」
「んー……終わらせてきたけど……」
やけに歯切れの悪い答えに、首を傾げた。

そんな俺を見たアイツは、可愛いとかほざきながら、頭を撫でてくる。


やめい!

俺は、犬や猫じゃないんだからなっ!?
と思いつつ 、アイツに撫でられるがままになっている。これじゃ、ほんとに、犬か猫みたいじゃねぇーかっ!!



「あ、さっきの質問の答えだけど………ちゃんと、終わらせたよ………………………自分のは」

ニコリ。
誰もが見惚れてしまいそうな笑みなのだが、今の俺には、スッゴい悪魔の微笑みしか見えない。


「あれ、スズ……どうしたんだい?寒い?」
お前の微笑みが怖いなんて、口がさけても言えない
……



「秋、近いしな………寒いかな……」
今だ鳥肌のたつ肌をさすりながら答える俺は、またもや意味深な笑顔をするアイツに、冷や汗が出てきた。


「温室の中なのに?風邪でも引いちゃったのかな………僕が優しく看病してあげるよ?」




やはり、この最強生徒会長様には、逆らえないと実感した瞬間だった。

[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!