[携帯モード] [URL送信]

シリーズ
不良くんと温室


―おれ、門崎鈴(かんざきれい)は、とある目的地を目指していた。





「やぁ、スズ来てくれたんだね」
「おぉ、ここ落ち着くからな」


俺が向かっていたのは、校舎の外れにある温室だ。
理事長の趣味で作られたらしいここは、限られたヤツしか入れない。


じゃあ、なんで俺が入れるかって………?



「スズ、おいで」
にこりと微笑み、俺を手招く。
俺は素直にソイツに近づき、隣に腰を下ろした。



「久しぶりだね?………最近、忙しくて会えなかったから」
「仕事……忙しいのか?」
確かに、ここ、2、3週間会っていない。
前に会ったときより疲れきった表情をしていて、見ているこっちが痛々しいと思えるほど、やつれてる。


「でも、スズの可愛い顔見たら元気でたよ」
「よく、恥ずかしい台詞言えんな」俺の腰を抱き寄せ、耳元でささやかれた言葉に、うつむく。


相変わらず、破壊力抜群な美声だな、コノヤロー

顔真っ赤になったじゃねぇーかっ!この、天然タラシっっ!!




[次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!