クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
過激な露出プレイ


「本当だよ。最初は、パンツをはかずにスカートで出歩くとか、おとなしいことしかしてなかったよ。」

「どう? それくらいなら出来そうでしょ?」

私は、少し話を脚色しながら言う。

実際は、その看護師の彼女は、初めからかなり過激な露出プレイを受け入れていた。

『それくらいなら……』

彼女は、すっかりと私のペースにはまって話をしている。

「じゃあ、今度試してごらん。きっと世界が変わるから」

私は、断言した。

『はい……』

芽依は好奇心に満ちた目で返事をした。

「じゃあ、ベッドに行こうか」

有無を言わせない雰囲気で言う私。

芽依は、黙ってうなずく。

そして、ベッドに移動して、芽依をベッドに座らせる。

間接照明の薄暗い寝室で、ベッドに座ったことで、緊張がぶり返したようにガチガチになっている芽依。

私は、ボックスの中からアイマスクを取り出し、

「恥ずかしいでしょ? これつければ恥ずかしくないから」 と言いながら、彼女にアイマスクをした。

女性にアイマスクをする度にいつも思うが、目が隠れて口だけが出ている状態になると、妙になまめかしくて淫靡な感じになる。

それは、こんな素朴で色気もないような彼女でも同じだった。

唇が妙に強調され、セクシーな感じになり、年齢まで上がったように感じる。

そして、緊張で唇が乾くのか、しきりに舌で唇を舐めるので、余計にイヤらしく感じる。

私は、予告もなく彼女のタオルを外した。

[*前へ][次へ#]
[戻る]