クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
想像以上に凄いよ


真面目な女性の方が、SMプレイにハマるというのは、私も過去の経験でわかっていた。

でも、こんなに若い彼女が、そういうものに興味を持っていることに、私はとても驚いた。

私はパソコンを操作して、私が投稿した画像を見せた。

『コレ……知ってます……』

私が見せたのは、股下ゼロセンチのマイクロミニスカートをはかせ、さらにオマンコにバイブを突っ込み、養生テープで留めた状態で街中を歩かせている画像だった。

それは、歩くたびに股間に突き刺さるバイブが見えてしまう、かなり過激なものだった。

実際に、プレイしているときも相当周りの視線を集めていた。

その時の女性は看護師で、とにかくエロい女だった。

他にも、彼女とは色々なプレイをしたが、彼女は結婚すると北海道に行ってしまい、音信不通になった。

「覚えてるって事は、芽依ちゃんもこうされたいって思ったってこと?」

『そ、それは……はい……でも、想像だけです! 本当にされたいとは思ってないです!』

耳まで真っ赤にしながら、しどろもどろで言い訳する彼女。

でも、私は彼女には素質があるんだろうなと思っていた。

見た目からして、彼女は優等生で勉強も出来る感じがする。

頭が良い女性ほど、ハードなマゾになると私は思う。

「でも、想像しながらオナニーしてたんでしょ?」

「だったら、本当にやってみればいいのに。きっと、想像以上に凄いよ・・・」

『そんなの無理です! 恥ずかしいです……。それに、見つかっちゃたら……』

少し大きな声で言う彼女。

恥ずかしさとか、緊張、おびえは、かなり弱くなってきたようだ。

「でも、この子も最初はそんな事言ってたけど、そのうち自分からせがみ始めたよ・・・」

私がそんな説明をすると、

『本当ですか? でも……』

[*前へ][次へ#]
[戻る]