クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
ン、ヒィッ!


「ほら、早く出してみろ」

私が命令すると、さらにアナルが盛り上がる。

でも、どうしても中のモノを出すのには抵抗があるようだ。

さっき芽依は、すでに一番恥ずかしい姿を見られているので、今さらとも思うが、そこはやはり思春期の少女なのだと思う。

私は、また平手で彼女のお尻を叩いた。

『ヒィッ、グゥ……ゴメンなさいぃ』

芽依は、うわずった声で言う。

すでに彼女のお尻は、真っ赤になっている。

白いお尻に、赤い手の痕。

コントラストが私を欲情させる。

「ほら、お尻真っ赤になってるぞ」

『うぅ……ごめんなさい……』

芽依はそう言って、さらに力を込めていく。

でも、一滴も漏れ出してこない。

私は、さらに二発続けてお尻を叩いた。

『うぅっ! うぅぁあぁっ!! ン、ヒィッ!』

彼女は、お尻を叩かれて感じてしまっているようだ。

スパンキングは、真面目な女性ほどハマる。

真面目で、親にぶたれたことがないような女性ほど、深くハマる。

それは、経験で知っていた。

でも、初回からこんなに感じてしまう女性は見たことがない。




何にでも、非凡な才能を発揮する人間はいる。

芽依は、非凡なM女性なのだと思う。

私は、芽依が出せないのではなく、出さないだけな事に気がついた。

そして、連続してお尻をスパンキングした。

『うぅっ!ンヒィッ! あっ! あぁっ ダメぇっ! ご主人様ぁっ! ごめんなさいぃっ!』


みるみる真っ赤になっていくお尻。

でも、芽依の顔は快感にとろけている。

さらに続けてお尻を叩くと、

『うぅっ ンヒィンッ ダメぇっ! イ、イッちゃうぅ! うぅぅーーっ!! イクぅっ! イクっ!!』

[*前へ][次へ#]
[戻る]