クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
お尻を平手で叩く


私は、すっかり慌ててしまった。

それなりにたくさん女性を調教してきたが、こんな風にご主人様と呼ばせたことはなかった。

そういうのは、あまり興味が無かったからと言うのもあるが、あまりにテンプレート過ぎて、何となく避けていたのかもしれない。

でも、こんな少女にご主人様と呼ばれて、私は自分の考えが間違っていたことに気がついた。

こんな幼気な少女にご主人様と呼ばれるのは、最高に背徳的で興奮するモノだった。

『はい、 ご主人様です・・・ ご主人様、どうすれば良いですか?』

『どうか、これ以上酷いこと命令しないで下さい・・・』

芽依は言っていることとは裏腹に、新しい命令に胸をときめかせている感じだった。

「よし……。じゃあ、床にしゃがんでアナルを手で広げて見ろ」

私は、なるべく冷たい口調を心がけながら言った。

『はいぃ、わかりました・・・』

芽依は声を震わせながら返事をすると、私の方にお尻を向けるようにして床にしゃがんだ。

そして、恥ずかしさからか興奮からかはわからないが、手を震わせながら自分のアナルを左右に押し広げた。

彼女のアナルは色素沈着もほとんどなく、驚くほどのピンクだ。

そこから、私の真っ白な精液が流れ出ている。

「よし、中のモノ出してみろ」

私が命令すると、
『わかりました、ご主人様、見てて下さいぃ』と、震える声で言う芽依。

すぐに可愛らしいアナルが盛り上がり、力を込めているのがわかる。

だが、さすがに恥ずかしいのか、なかなか中のモノを出すことが出来ずにいる。

私は、彼女のお尻を平手で叩いた。

パチンと乾いた音が響き、

『ヒィッ! ご主人様、ゴメンなさいぃ!』

芽依は、叫ぶように言う。

でも、痛みを感じているとか、恐怖を感じているという風には見えない。

[*前へ][次へ#]
[戻る]