クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
固くて素敵です


真面目で地味なイメージの彼女が、こんなにも淫乱で、こんなにも小悪魔的な要素を持っていたなんて、まったく予想出来なかった。

それなりに女性経験も多く、たくさんの女性を調教してきた私だが、まだまだ未熟だったのだと思う。

『おちんちんくわえろって、言って下さい?』

芽依は、クリクリとした綺麗な瞳で私を見つめながら言う。

黒眼鏡を外したことで、本当に美少女になった感じだ。

眼鏡を外すと美少女になる……。

漫画だけの話だと思っていた。

「え? 好きにすればいいだろ?」

私は、今さら何を言ってるのだろうと思い、そう言った。

『ダメです。無理矢理させられないと、ダメなんです。自分からしたら、浮気になっちゃいますから』

芽依は、そんな事を微笑みながら言う。

私は、不思議な気持ちになっていた。

「芽依、私のモノをくわえなさい。さっきまで、芽依の淫乱なアナルに入っていたペニスを、貴弘くんに内緒でくわえなさい」

私がそんな命令をすると、芽依はさらに顔をとろけさせながら、

『わかりました・・・』と言いながら、まったく躊躇なく私のペニスをくわえ始めた。

芽依は、今日初めてフェラチオを体験したばかりだが、すでに上達していた。

もともと、真面目な性格なのだと思う。

ただ嫌々くわえるのではなく、どうしたらもっと効率よく動かせるか、どうしたらもっと感じさせることが出来るのか?

そんな事を考えながら、工夫しながら小さな舌を動かしている感じだ。

『ご主人様のおチンポ、とっても固くて素敵です・・・』

芽依は、突然そんなセリフを言った。

「なっ、なに、ご主人様?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]