クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
ひぃあぁぁっ!!


ずりゅん、ずりゅんとアナルに指を出し入れしながら、からかうように言葉を続けると、

『ゴメンナさいぃっ! 貴弘さんじゃない人に、お尻に指を入れられてますぅっ! ひぃあぁぁっ!!』と、泣き声で叫ぶ芽依。

でも、声がうわずっている感じだ。

私は、自分のボックスからディルドを取り出した。

それは、私の持っているディルドの中では一番小さなモノだ。

それでも、日本人の平均サイズくらいはある大きさだ。

私は、彼女のアナルに指を差し込んだまま、その小ぶりのディルドを彼女にくわえさせた。

すでに興奮している彼女は、口元にディルドを持って行くと、指示もしていないのに口を開けてそれをくわえた。

「ほら、彼氏のだと思って舐めてごらん」

私がそう言うと、彼女はディルドの亀頭周りを舌で舐めたり、意外なほど慣れた感じで疑似フェラを始める。

「上手いなw 練習してるだろ?w」

私が笑いながら言うと、

『はい……。バナナとか、ソーセージで……』と、恥ずかしそうに言う芽依。

「ははw マジでド淫乱じゃん じゃあ、俺の舐めてみろよ・・・」

私がそんな風に言うと、

『は、はい……。舐めます……』と、嫌そうではなく、好奇心いっぱいという感じで答えた。

私は、彼女の拘束具を外すと、自分も全裸になった。

すぐに、芽依の視線が私の股間に注がれていることに気がついた。

「見過ぎだって」

私がからかうように言うと、慌てて目を伏せる芽依。

「見たことないの?」

『はい……。実物は初めて見ます』

「動画とかでは、見たことあるって事?」

『はい。見たことあります』

照れて顔を赤くしながら言う芽依。

[*前へ][次へ#]
[戻る]